艶つや習慣にイオン導入器を使用してみました

私は「イオン導入器」というものを持っています。


これは振動によって肌の表面のバリア機能をゆるませて、肌の奥まで化粧水の美容成分を入りやすくする機械です。ネットで買ったのですが、2500円くらいでした。エステでイオン導入してもらおうと思うと、5,000円〜10,000円くらいするので、家庭でできてこの値段は安いと思います!

普段は、市販の美容液でイオン導入をしていたのですが、艶つや習慣を使い始めて「なめらかだし、冷たくて気持ちいいし、イオン導入にも向いてるんじゃない?」と思い始めました。

そして、使ってみることにしました!
艶つや習慣をつけてから、イオン導入器をスイッチオン!


肌のうえを、円を描くようにくるくるマッサージしていきます。
冷たい艶つや習慣がゆっくりひろがって、とても気持ちいいです!


デコルテと首にもつけてみました。
艶つや習慣のおかげですべりがいいので、マッサージしやすいです。

水っぽい化粧水を使うより、艶つや習慣のようなジェル状でぬるぬるしたもののほうが、イオン導入器の流れは良いように感じました。

ただし、艶つや習慣をケチって使ってしまうと、こんな感じで乾いて肌に引っかかるようになってしまうので、たっぷり「多いかな?」と思うくらいにつけるようにしましょう!


艶つや習慣でイオン導入したあとの、肌の状態がこちらです。

水分量46%、肌のハリは「キメが整っていて良い」という高評価になりました。

ふつうに手でぬるだけでも十分潤いやつやつや感はでますが、やはりイオン導入器を使うと、より肌の深部まで浸透している感じがあって良いです。手触りもイオン導入器を使ったあとのほうが、すべすべで自分でさわっていて「気持ちいい〜」と思えたので、ぜひ艶つや習慣&イオン導入器、やってみてください!おすすめです!

艶つや習慣を水でうすめてボディに使ってみました!

艶つや習慣を毎日使っていると、潤ってしっとりしていくのが分かります。

私はスキンタッグのある首とデコルテのほか、顔にも使っています。朝、忙しいときでもぱぱっとぬれるし、ちょっとぎとぎと感があるけど、放置していればすぐになじんで、さらっと仕上がるので気に入ってます。

艶つや習慣をボディにも使ってみたいなと思って、「水」でうすめてみることにしました。


艶つや習慣をそのままぬっても、伸びがいいのでかなりの広範囲塗れるのですが、やはりコスパが悪いので、水で薄めることを思いついたんです。

まず、水を用意して、艶つや習慣をいれてみました。


「溶けるかな?」と不安でしたが、案外すぐに溶けて、色も分からなくなりました。
とけたあとの水は、艶つや習慣独特の「とろみ」がすこしついた状態になっていました。


でも、艶つや習慣のように、手にもったらぷるぷるするほどのとろみではありません。
水よりは粘度がある、程度です。「水のり」のような感じといえば分かりやすいかもしれません。

足に塗ってみました。


水でうすめたので、ひんやりしていて気持ちいいです。
とろみもあるので、伸びます。右足は問題なくぬり広げることができました。


左右にぬってみました。水でうすめてみたおかげで、少量でもたくさんの範囲にぬることができました。


軽くひとすくい程度の艶つや習慣なので、そのまま使うと右足だけが精いっぱいで、左足にはぬれてなかったと思います。それが両足にぬれたうえ、まだ残っていたので、このあと腕にもぬってみましたが、問題なくぬり広げることが出来ました。

「これは節約になるし、いいじゃない!」と思いました。
でも、しばらくすると、だんだん乾燥してきます…。

水が蒸発するときに、皮膚の水分まで飛んで行ってしまうようです。さすがに水をぬって放置したときのように、ぱさぱさになることはありませんでしたが、艶つや習慣だけをぬったときのような「もっちり、しっとり感」は全然持続しませんでした。

もしかしたら逆効果かもしれないので、水でうすめるのは今回限りにした方がいいかなとも思いました。


あと、うっかりこぼしてしまった艶つや習慣入りの水ですが、かなりべたついて拭いてもなんとなくべたつきが残ってしまいます。残った水は洗面に流したのですが、あとから見ると、ジェルのようなものが付着して残ってしまっていました…。

結果的に、水に溶かすことによって、艶つや習慣を無駄にしてしまったような気もします。
水で薄めてみたいと思う方、よく考えてからやったほうがよさそうですよ。

100円均一のシリコンパックで艶つや習慣パックしてみました!

艶つや習慣を使い始めて2週間になります。

いつも私は、容器から艶つや習慣のジェルを手にとって、そのまま手で顔やデコルテにひろげていました。でも、パックをすればもっと浸透がよくなって、つやつやになれるのではないかと思って、100円でシリコンパックを買ってきてみました。

シリコンパックにした理由は、シリコンなら、パックのほうに浸みこまず、全部皮膚に浸みこむのではないかと思ったからです。あと、このパックは真ん中で切って使うこともできます。上下にわけて使うことができるため、「目元だけ」「口元だけ」のケアも可能です。


実際に切ってみました。
ハサミでさくさく切ることができます。


上と下、わけるとこんな感じで、使いやすそうです。


ではシリコンパックをしていきましょう。
まず、艶つや習慣を適量つけて、肌にのばします。


そのうえから、シリコンパックを乗せます。

このシリコンパック、思ってたよりキツいです…耳にかける部分があまり伸びてくれず、顔がひっぱられる感じになりました。でも、そのぶん密着度はいいので、浸透はよさそうです!


10分ほどパックしてみました。だんだん耳が痛くなってくるので、あまり長い時間つけているのはしんどいと思います。こういうところは所詮100均だな〜と思わざるをえません。

仕上がりはしっとり、でも艶つや習慣特有の「べたつき」は若干残ってしまいました。


あと、シリコンのほうにもすこし艶つや習慣がついたまま残ってしまいました…、もったいないのでシリコンについてしまった艶つや習慣は、指でとって顔につけてなじませました。結果的に、シリコンパックはただ上から押さえていただけで、浸透にはあまり助けになっていなかったように思います。


ちなみにこのシリコンパック、かさねてアゴにもつけられるというのでやってみましたが、穴だらけでほとんどパックの意味を成していませんでした。


100円均一のシリコンパック、何度もあらって使えるというのはいいと思いますが、耳にひっかける部分がキツすぎるという点、そしてアゴに上手くフィットしないという点では、あまり艶つや習慣との相性は良くないようです。やはり艶つや習慣は、手の温度でゆっくりマッサージしてなじませるのが一番だということが分かりました!

トップへ